Graduate卒業生のみなさまへ

九州工業大学では、OBOGのつながりとして、一般社団法人 明専会があります。
在校生との交流を通じて、卒業後の社会人としての生き方・働き方を九工大後輩への支援としてお力をお貸し下さい。

明専会は大正4年に「明専学士会」との名称で誕生し、昭和4年に「明専会」と名称変更しました。
その後、昭和34年には「社団法人 明専会」、平成20年には「一般社団法人 明専会」として認可されました。
誕生以来、母校の後援組織として、教育・研究の援助と会員相互の連絡啓発を2本の柱に掲げ、有益な事業を行っております。また、在学生、卒業生、教員の交流の場所として「百周年中村記念館」(大学構内)や「鳳龍クラブ」(東京・新橋)の活用や運営も行っております。
会員(3万7千人以上)は、広く各方面で活躍しておりますが、輝かしい伝統に培われた強い母校愛と同窓の絆で結ばれており、全国でも注目されている後援組織であります。
全国各地に49支部11部会を、うち海外にも1支部(北京市)が置かれ、毎年種々の会合が行われ、会員相互の親睦、啓発を行っています。
明専会員のバックボーンは母校創立の理念、すなわち、「技術に堪能なる士君子」たることであります。在学生も準会員として入学時から本会に加入して頂き、本会の一員として、活動して頂いております。
在学中から学生生活はもちろん大学院への進学や就職のお世話、さらには就職後の職場の生活などに、多数の会員が支援を惜しまず、協力しております。

「一般社団法人 明専会」より抜粋
http://www.meisenkai.or.jp/aboutus/(外部ページへ)

明専塾

九州工業大学の卒業生(明専会会員)を講師として、学生の今後の目標設定や進路決定の大きな動機付けに寄与することを目的とした在学生を対象としたセミナー。

詳細を見る

明専OB懇談会

在学生のキャリア教育の一環とした、本学OBと在学生の間の懇談の場(グループディスカッション)。

詳細を見る

明専会に関するお問い合わせ

明専会本部
〒805-0015
北九州市戸畑区仙水町1-1
九州工業大学 百周年中村記念館内
TEL:093-881-2346 FAX:093-881-2375
meisen☆meisenkai.or.jp (☆を半角英数字の@に変更して送信願います)


国立大学法人 九州工業大学
工学部キャリアセンター